保護者失格。一線を越えた夜の第23話をレビュー

叔父と姪という関係でありながら、恋人同士になった瀬名さんとちづる。

温泉旅行先で、一緒に温泉に入ったり、ナンパされたちづるに瀬名さんがHなお仕置きをしたり・・・。

2人のラブラブな旅行はまだつづきますよ!

それでは「保護者失格。一線を越えた夜」第23話のあらすじ紹介です。

かわいい寝言

瀬名さんと想いの通じ合ったHをしたちづる。

他の宿泊客から、恋人同士にみられず傷ついていた心も、癒えたようです。

安心してぐっすり寝ているちづるの横で、瀬名さんが先に目を覚まします。

瀬名さんは、隣で寝ているちづるのあどけない寝顔と、肌蹴た浴衣姿に目を奪われ・・・。

浴衣が乱れ、かなりセクシーになっているちづるを横に、照れている瀬名さんがかわいいですよー(*^_^*)

思わず瀬名さんが触れると、ちづるがかわいい寝言をいいます♪

こんなかわいいこといわれたら、瀬名さんも理性ぶっとんじゃいますよね(*^○^*)

寝起き姿に魅せられて・・・

期待通り、理性がぶっとんでしまった瀬名さん(笑)

ちづるにちゅっちゅと愛撫を始めちゃいます。

ちづるの目が覚めても、お構いなし(*^w^*)

瀬名さんの手つきに遠慮がないです!

最初、恋人同士になったばかりの時の瀬名さんよりも、幾分強引になった気がします。

大人の余裕がありつつも、ちづるへの気持ちを抑えきれない感じがみえてすごくいい\(*>_<*)/

朝からいちゃラブな2人ですよ~!

めいっぱいちづると瀬名さんの甘い時間をみせてもらった温泉旅行編も、そろそろ終盤を迎えそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ